no
Pocket

“私は30歳半ばで離婚し、しばらくは男性不信に陥っていました。百貨店勤務をしながら一人暮らしをしていましたが、突然の子宮の病気で入院手術をしたのです。そのときに、一人では孤独で老後も心配だと感じ始めました。そしてやっぱり誰かともう一度一緒に暮らしたいと思うようになりました。
再婚したいと思い始めたのが40歳手前です。年齢もあるし、なかなかバツイチでは出会いもありません。
そこで思い切って、出会い系サイトに登録してみました。
なぜ出会い系サイトでの婚活を選んだかというと、まずひとつに理想の条件を絞りやすいからです。婚活パーティーなどではあらゆる人が集まるので、初対面でどんな人なのか詳しくは分かりません。でも出会い系サイトはプロフィール詳細を見て相手を探すことができます。私は自分と同じバツイチの人で子供のいない相手が理想でした。体型もマッチョでタフな人が好みです。出会い系サイトなら、そんな人と出会える気がしました。
また女性は利用費用があまりかからないのも、出会い系サイトの良さです。一人暮らしで経済的にも余裕がなかったので、リーズナブルに婚活できる出会い系サイトは使いやすかったです。
サイトに登録するにあたって気を付けた点は、プロフィール欄をぎっしり埋めることです。そのほうが自分のことを分かってもらえるからです。そして自分自身も、相手を探す際にはプロフィールを詳細まできちんと書いているかどうかをチェックしました。空欄もなく丁寧に書いている人は、誠実で真剣に相手を探していると思われたからです。
そして登録してその日中に、5人からメールが来ました。私は真面目に恋愛して結婚も考えてくれる人との出逢いを求めていたので、慎重に相手を選びました。そしてその中で、同じバツイチで3歳年下のマラソンが趣味の人に返事をしたのです。
それからはもう、毎日その彼とのメール交換が楽しみで仕方ありませんでした。いろんな話をして、フィーリングも合いそうで、お互いに「会いたいね」と言い合うようになりました。
メールを始めて1ヵ月後にとうとう会うことになり、ランチをしたのです。メールをしていたおかげでお互い緊張もせず、すぐに仲良くなりました。2回目のデートで告白されて、勿論Okしました。
彼とは順調にお付き合いしています。出会い系サイトを活用して良かったと、彼とも話しています。”

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。